たまには贅沢気分を味わえる旅行がしてみたい、と思われている方のために、週末を使ってデュッセルドルフから気楽に行かれるシュロスホテルをご紹介します (2004)

《目次》

Schloss Lerbach
Schlosshotel Kronberg
Dornröschenschloss Sababurg
Hotel Restaurant "Zur Traube"

 

Schloss Lerbach

Lerbach Weg
51465 Bergisch Gladbach
Tel:02202-2040
Fax:02202-204940

行き方:デュッセルドルフからA3→A4でKoeln→Olpe方面へ
出口19番(Belgisch Gladbach/Bensberg)を降りて
Belgisch Gladbach-Bensberg/Zentrum方面へ
約2.5km先の信号を左折(Zentrum方面)
1.5km先の信号を右折(Kreishaus方面)
600m先のT字路を右折するとLerbach Wegに入る

1998年からミシェランで3つ星を獲得しているレストラン“Dieter Mueller”があるホテルLerbachはデュッセルドルフから車で約1時間、Koeln郊外Bergisch Gladbachの街はずれにあり、広大な緑に囲まれています。
部屋はそれぞれタイプの違うスタンダードとジュニアスウィートが42室(Euro 200〜300)スウィートが12室(Euro 425〜1350)ともに朝食付。
早めにチェックインしたらホテル内の温水プールでひと泳ぎのあとサウナでさっぱりするも良し、広い庭園内を散歩したりアクティブカップルなら敷地内のテニスコートでひと汗かきたくなるのでは?
夜は着飾って星付きレストランならではの完璧なサービスで迎えられるディナーへいざ出陣!!
料理はア・ラ・カルトでEuro 35〜46、メニューでEuro 58 〜125。ワインの品揃えも豊富です。
夜は清潔なフカフカのベットでしばし日常を忘れておやすみなさい。
週末は人気があるので早めに予約を。インターネットでの申し込みはこちらです。
ベビーシッター有り。

 

Schlosshotel Kronberg

Hainstr.25 61476 Kornberg/Taunus
Tel: 06173-701-01
Fax: 06173-701-267

行き方:デュッセルドルフからA3でFrankfurt方面へ
Niederhausen出口でKoenigstein経由Kronbergへ

 

イギリスのヴィクトリア女王の娘、ヴィクトリアが夫である皇帝フリードリッヒの死後1889〜1894年まで住んでいた城。各国著名人も御用達のこのホテルの内部はチューダー様式でまるで美術館のように貴重な絵画や調度品で飾られています。サロンや図書館がたくさんあり、結婚式はもちろん、個人的なパーティを開くこともできます。ヘキスト陶磁器の故郷も近く、部屋にはプレゼントの小皿が用意されています。小さな子供連れの方には小さなぬいぐるみのプレゼントも。近郊にはヘキスト陶磁器工房、ゲーテの家、ワイン街道などもあるので、盛りだくさんの旅行をしたい人にも、ゆっくりホテルの滞在を楽しみたい人にもぴったりです。58のゲストルームとスイートはアンティーク家具で飾られ、まさに城館。33ヘクタールの広さの公園には18ホールのゴルフ場とテニスコートもあります。レストランでは事前に食事の希望が出せるので、個人の希望にあった滞在が約束されます。ホテル内のレストラン、アフタヌーンティーやゴルフ場を利用する、お得な宿泊パックがあります。特に夏休み(7月15日〜8月20日)や週末には特別価格が用意されていて通常価格よりも安くなっているのでおすすめです。詳細または申し込みはこちら
ベビーシッター有り。

 

Dornröschenschloss Sababurg

  34369 Hofgeismar
(Sababurg)
Tel.:  0 56 71- 8 08 - 0
Fax : 0 56 71- 8 08 - 2 00

行き方:デュッセルドルフよりA46→A1→A44でWuppertal→Muenster→Kassel方面へ出口65番(Warburg)を降りてHofgeismar経由でSababurgへ
     
メルヘン街道の中間に位置し、グリム童話の一つ、いばら姫の城として有名なザバブルグ城は1334年に建てられ1490年以降はヘッセン公国の狩猟の城として使われていましたが1959年より、ホテル・レストランとしてオープンしました。部屋数は16と少なめですが、それぞれの部屋はテーマ付けされていて、メルヘン街道にふさわしいロマンティックな雰囲気を楽しめます。塔の部屋に泊まればいばら姫の気分を満喫できるかも?また城はラインハルトの森の中にあり、周囲は自然動物園になっているのでゆっくり散歩を楽しむにはもってこいです。早起きをして中世と変わらない静寂の中を散歩してみてはいかがですか?森でとれた果実を使った手作りジャムやおいしい焼きたてパンが並ぶ朝食、鹿や猪など、野生動物の料理が楽しめるレストランもおすすめです。詳細または申し込みはこちら


 

Hotel Restaurant "Zur Traube"

Bahnstrasse 47  41515  Grevenbroich
Tel:02181-68767
Fax:02181-61122

行き方:デュッセルドルフからA57→A46号線Neuss→Aachen方面へ。
出口13番(Grevenbroich)を降りてZentrumへ。街の中心地Bahnhofの近くにあります。
(所要時間約40分)

レストランの前はふつうの街中の通りですが、裏手には小川が流れていて気持ちの良い散歩コースになっています。年季の入ったフレンチのシェフDiter Kaufmann(ミシェラン2つ星)はケルンサミットの時もその腕をふるった料理人の一人です。レストランはゆったりとしたテーブル配置で、教育の行き届いたベテランスタッフ達が満足のいくもてなしをしてくれます。ワインの品揃えがすばらしく、アルバムのようなリストには約1200種のワイン。眺めているだけでも楽しくなります。選択に迷ったらソムリエに助けを求めましょう。こちらの希望を上手に聞き出しながら親切にアドバイスしてくれます。
ホテルは朝食込みでスタンダード4室(Euro179〜205)、スウィート2室(Euro 245〜)と小ぢんまりしていますが、ワイン用のぶどうの名前が各々についている部屋はゆったりしていて清潔です。
インターネットでの予約はこちらです。
ベビーシッター有り。

翌日は豪華な朝食の後ベルギーの国境近くMonschau(モンシャウ)まで足をのばしてみてはいかがでしょうか。