DB新料金 (Stiftung Warentestより  3.11.2004)


2004年12月12日から、DBの新しい遠距離運賃が適用されます。DBの発表によると平均で3.1%値上がりということになりますが、五人までのグループ運賃の値上げ率が非常に高くなりました。元来、グループ割引運賃は、自家用車での移動費用との比較から導入され、同乗者を募集するインターネット・サイトなどもあり、多くの人に利用されていました。今回グループ割引が引き上げれたことにより、列車での移動は自動車を利用するよりも、明らかに割高になったといえます。

〈BahncardとSparticketの割引は変更なし〉
今回値上げされた5人までのグループ運賃は、Bahncard所持者と早期予約者には、少なくとも2005年12月までは適用されず、以前までの同伴者割引(一人目は運賃の全額、二人目からの同伴者はその半額)が適用されます。Bahncardを所持していない人が、予約なしで乗車する場合、同伴者割引は全く適用されません。

<遠距離運賃>
二等の遠距離運賃が値上げされました。150km以下の運賃には変更ありませんが、150km以上400km以下で3.4%、400km以上750km以下の運賃は4.2%のアップです。750km超の二等運賃は、片道料金がで最高111ユーロとなります。一等運賃の値上げ率は、二等よりも高くなっています。

<その他の変更>
ベルリン−ハンブルク間では、エクスプレス料金が加算されます。新路線により、所要時間が1/2から2/3ほどに短縮されますが、全ての乗客が12%以上の値上がりした運賃を払うことになります。BahnCardの購入料金については、BahnCard 25とBahnCard 50には変更はありませんが、BahnCard 100の料金は二等で3,000ユーロから3,250ユーロに、一等で5,000ユーロから5,400ユーロに値上げされました。CityTicketはBahnCard 100に統合されます。この統合されたカードで、公共交通機関を利用すれば、目的地まで支払いなしで行けることになります。